chamu☆LIFE

実家暮らしシングルマザーの日常

離婚について②

こんにちは、ちゃむママです。

今回は調停についてお話していこうと思います。

もう10年以上前の話なので、今は変わっていることもあるかと思いますが、少しでも参考になればいいなと思います。

私の考えが浅はかだったな。。。と思うことがありますが、どうぞ温かい目でみて頂けたらと思います。

 

 

調停手続き

まず私か、元夫かが裁判所に申し立てをします。

私の場合、元夫は仕事をしているので、手続き等はやって欲しいとの事でしたので、家庭裁判所に電話をしました。

必要書類を用意し、後日家庭裁判所に出向いて書類を記入した覚えがあります。

その際、小さな子供を抱えて行ったのですが、担当の方がとても優しくて助かりました。

私は離婚調停でと出向いたのですが、まだ関係が修復できそうなら夫婦関係調整調停というものもありますよ?と言われました。

夫婦関係調整調停とは円満な夫婦関係を回復させる調停だそうです。

当時の私たちは、第三者(義父)のおかげで関係はとてつもなく悪くなっていくばかりでしたので、私は、離婚調停で申し立てをしました。

色々と質問されましたが、全くわからないことばかりで、その際決めたいことは、養育費くらいしか思い浮かばなかったので、そちらをお願いしました。

記入する事は、申し立て理由(良く目にする性格の不一致など)養育費の希望金額などがありました。

 

通知書

申立書が受理されると、裁判所から通知書が届きます。

だいたい2週間くらいで届いたと思います。

調停の期日が書いてあり、その期日に裁判所に行きます。

 

第一回調停

受付をし、待合室に通されます。私(申立人)と元夫(相手方)の待合室は別室です。

来る時間も、帰る時間も会わないように裁判所側がずらしてくれているようでした。

また、私は授乳が必要な子を連れて行くことを伝えていたので、そちらも配慮して頂けとても有難く助かりました。

さて、一回目の調停で初めて担当の調停委員さんと顔合わせをします。

調停委員さんは2人いて、男性と女性でした。

申立書に書いた事などを含めて、どうしたいのかなどを聞かれます。

養育費の希望金額、婚姻費、面会、財産分与など。

ただ借金だらけの人に養育費はともかく婚姻費など払えるのか?と疑問に思っていました。別居してからは、自分の貯金を使って生活をしていたのですが、婚姻費はもらった方がいいですよ。と調停委員さんに言われたのをよく覚えています。

私の希望などを聞いたうえで次は元夫の番です。その間は待ち時間です。

その後、結局離婚については合意。養育費、婚姻費については折り合いがつかず、第二回調停に持ち越されることになりました。

 

続きます。。。