chamu☆LIFE

実家暮らしシングルマザーの日常

離婚後の手続きオンパレード

こんにちは。ちゃむママです。

今回は、子供の氏の変更をした後、私がした手続きを書いていきたいと思います。

もう10年以上前の話なので、今はどうかわかりませんのでご了承ください。

 

子供の戸籍の移動

裁判所で、子供の氏の変更手続きを終え、再び役所にて手続きをします。

書類を書いて、やっと私と子供2人だけの新しい戸籍が出来ました。

子供も同じく氏が変わり、あぁ。やっと終わりが見えてきたな。と思っていました。

 

 

母子手帳の名前の変更

私の旧姓になったことにより、名前が変わったので、役所にて書き換えて頂きました。

こちらは特に書類など用意するものはありませんでした。

 

児童手当の請求者などの変更

今まで児童手当の受け取りなどは全て元夫の名前で手続きをしていたので、変更手続きをしました。この時、元夫に受給消滅届を書いてもらわなければいけなく、渋々連絡し時間がかかったのをよく覚えています。

 

年金の手続き

元夫の厚生年金に加入していたので、国民年金に加入しなおします。

年金課にて離婚をしたので手続きをお願いしたいと伝えるとスムーズに終えることが出来ました。また私は受けませんでしたが、年金の支払いを免除出来たりもするそうでした。

 

健康保険について

私の場合、実家に戻り家族と話し合った結果、落ち着くまでは親の扶養として過ごすことになっていたので、保険は親に手続きをしてもらいました。

 

児童扶養手当の申請

この時は、母子家庭なら必ず貰えるものだと何も疑うことなく申請しにいきました。

先に結果をお伝えしますが、私は支給対象外でした(笑)

調停で支給されると言われ話を進めていたので、え!?と思いました。この何とも言えない気持ち。。。今思えば、調停委員さんもそこまで調べないし、下調べは大切だなと思います!当時の私よ。。。しっかりしておくれ(笑)

さて、話がそれてしまいましたが、どうして対象外だったのか紹介します。

まず、離婚当時の私は仕事を退職していたので無職。収入は0でした。

しかし。児童扶養手当は前年度の年収で計算されるのですね。

その時点で私はアウトでした。それに、実家に戻り親の扶養に私も子供も入ることで、私の扶養児童は0人になるんですよね。

では、来年はどうだろう?と見ても対象外でして。。。

ということで、ここまでで2年間くらいは支給対象外だということです。

そして・・・その後はどう??と聞いてみましたが、同居している人の年収も見ますと。同居者で一番年収の高い人で計算するそうです。

調べて貰いましたが、対象外でした(笑)

役所の方に申請しますか?と聞かれましたが、その必要ってあるの?と正直思いました。

ずっと申請しないと、申請しないなんて、今まで男の人と居たのではないか。など言われる事もあるんですよ。

一方で一度申請すると、毎年現況届を提出するため役所に行かなければならない

(貰えないのに、毎年律義に行くんですって。)

私はどうしたかと言いますと、申請はしませんでした。

10年以上経ちましたが、一度も貰った事はありません。

沢山のシングルマザーの方とお話しする事もありますが、正直羨ましくなったりもしました。(詳しくはまた別の機会にお話し出来たらなと思います。)

 

免許証・銀行口座・生命保険などの名前の変更

役所の手続きを全て終えても、他の手続きもします。

免許証は警察に行き、各銀行へ行き、保険会社に連絡をするなど。

 

 

こうして、やることいはいっぱいありましたが、何とか終えることが出来ました。

 こんな私でも、今こうして生活出来ています。

それは、周りの人に常に助けられているから。というのが大前提ではあります。

 

 

 

いかがでしたか?離婚って大変なんですよ。とても。物凄くパワーが必要です。

そして、調停をするからと言っても、色々と調べることをお勧めします。

私の場合ですが、シングルマザーとはいえ実家暮らしなので、ほぼ公的支援は対象外になっています。唯一受けられているのは、年末調整の特別寡婦控除ですね。

それだけでも、私はとても助かっています。

また、実家暮らしだから児童扶養手当が貰えないわけではありません。ので、調べる事をお勧めします!!