chamu☆LIFE

実家暮らしシングルマザーの日常

バツイチ子持ちが婚活パーティーに行ってみた話

こんにちは。ちゃむママです。

皆さん、恋愛していますか?

私はと言いますと、全く恋愛に興味もなく、かなり恋愛などからは遠ざかっていますが、子育てが終わったときに、一人さみしく暮らすのかな?それは寂しいかも・・・なんて思ったりもします。

 今回は、そんな私が何年か前に、独身の友達に誘われて、婚活パーティーと言う所に参加したお話です。

 

 

 

婚活パーティーに誘われる

今回一緒に参加した友達は、未婚で独身女子

前にお付き合いしていた彼と別れてから、思うように恋愛が出来なくて悩んでいました。

彼女は、次に付き合う人は最初から結婚を視野に入れたお付き合いがしたい。と日頃から言っていて、自然な出会いでそれは無理なんじゃないのかなぁ?と言うようになって行きました。

そこで、彼女が見つけたのは、結婚がしたい人が集まる婚活パーティーだったのです。

行きたいけど、1人じゃ心細いから一緒に参加して!お願い!って言われちゃうと、断れない私はとても軽い気持ちで参加する事になりました。

 

 

婚活パーティーに申込

色んな条件がある婚活パーティー。その中でどのパーティーに申込をするのか決めるのは、もちろん友達。

ただ、婚活パーティーと言っても、出会いを求めるだけ。って言うのは、ちょっと違う。

歳も歳だし、若い男性ばかりなのも。ちょっとね…何て色々拘りがあるようだったのですが、彼女の希望に近いのがありました。

内容は、年収400万円以上で、男性は30歳以上、必ず1対1で話が出来て男性はもちろん、女性も会費を払うと言う所でした。

えー?いくらかかるの?何だか高そう・・・と、思いましたが2000円とかそのくらいでした。

 

 

いざ婚活パーティー

会場が、とってもラフな格好で行くような所だったのですが、婚活パーティーと言う事でちょっとキレイめな服で出陣。とは言え普段着ているのでいつもとあまり変わらず(笑)

友達は普段よりちょっとおしとやかな感じにしてみたと言っていましたが、私から見てみると普段通りであまり変わらずでした。(笑)

さぁ。まずは受付です。申込内容に偽りがないか女性は身分証の提示。私は免許証を見せました。

男性はプラス年収の分かるもの、源泉徴収票とかを提示してました。

この時点で、ちゃんとしているんだなと思いましたし、男性の方がお金も高く設定されているので、結婚したい人が集まっているんだな。私みたいなただの付き添いみたいなのは失礼だなと思いました。

 

 

 

プロフィールに苦戦

受付が終わると、番号札とプロフィール用紙を渡され別々のブースに案内されました。

とりあえず、時間になるまでプロフィールを書いていて下さいと言われ、見てみると、

名前や生年月日、血液型、家族構成、年収、業種、好きなタイプ、結婚するのに重視する事、身長など、とにかく書く項目が多過ぎる‼︎

こんなに書く事沢山あるの?って思いながらも、書いていったのですが、何を隠そう私はシングルマザーでありバツイチであります。

一瞬どうしたらいいのか悩みましたが、今私が再婚するならどう?と思い、男性にはきっと重いし引くであろう事も書きました(笑)

 

 

いざ男性陣とご対面

私が参加したところは、女性が各ブースで待機して男性が移動して回ってくるシステムでした。

先に書いたプロフィールを相手に見せて、1人につき5分くらいお話をして、それを3周する感じでした。

色んな方がいましたが、8割くらいは本当に結婚がしたくて参加している人でした。

残りの2割は友達同士で行ってみようとなって軽い感じで来た人達でした。

私からは、シングルマザーである事はもちろん、子供ありきなお付き合いになる事、子供優先になること、そして再婚するなら、相手には絶大的な安心感を求める事などなど、図々しいなーって思われそうな事もお話しました。

いや。だって私が逆の立場だったら、バツイチ子持ちってハードル高いなって思いますから。

実際問題、思ってるよりもハードルは高いと思うので先に言ったほうがいいかなと。。。

しかし!シングルマザーの皆さん。真面目に結婚を考えてる方でも、今時シングルマザーは珍しくないし、まわりにもそう言う人がいるからなどの理由で気にしませんって方、結構いましたよ!←本当はわかりませんが(笑)

そんな上手い話あるのか?何て疑っちゃいますけど、3回お話する機会があって、2回目3回目と深い話をする方もいらっしゃいました。

 

 

婚活パーティーの失敗

男性が移動して来たら、番号と名前を教え合うのですが、最終的に誰が誰なのか分からなくなりました(笑)

メモを取るようにはなっていたのですが、目の前で書くので相手に見えそうだし、お話に集中するとメモするのを忘れてしまったり・・・

カップル成立までに中間発表みたいなのがあるんですけど、分からないし全部無回答で提出しました。

その時、自分に好意を持って下さっている人の番号をスタッフの方から伝えられるのですが、誰なのかわからず…

またお話する時があるけれど、その事をすっかり忘れてしまうと言う。。。失礼極まりないですね。

 

 

終結

3周全ての人と話をしたところで、いいなと思った人を3人書くことになります。

そこでマッチングしたらカップル成立!となるようです。

私はと言うと、白紙で提出しました。正直わからなかったんです。

全ての事が終わり帰る時、スタッフの方から封筒を渡されました。

カップルにならなくても、気になる人に連絡先を渡す事が出来るそうで、私は3人の方の連絡先が入っていました。

ありがたいですよね。しかし、先程お話したように誰が誰なのか分からないということもあるし、私の場合かなり恋愛から遠ざかっていて気持ちが付いてこなかったのもあり、こちらから連絡する事はありませんでした。

友達はと言うと、カップル成立にはなりませんでしたが、連絡先を渡してくれた方に連絡をして何回かデートには行ったようです。

 

 

さいごに

婚活パーティーと言っても色んなタイプがあるみたいですが、実際行ってみて結婚したいから出会いを求めている男性って結構いるんだなと言うのが第一印象です。

どうやら、結婚相談所よりもこのような婚活パーティーの方がハードルは低く参加しやすいみたいです。

男性の中には、この後もう一つの婚活パーティーに参加するんです。というような人もいました。

女性は20代前半くらいのかたが多い印象です。私はオバハンな方でしたね(笑)←男性から言われました(笑)

たまたまなのかは分かりませんが、シングルマザーである私が参加しても露骨に嫌な顔をする男性はいませんでした。

逆に婚活をしている方は、相席屋みたいなところで出会いを求めるよりも、婚活パーティーに参加した方がいいのかもしれません。

参加するにあたって、身分証や年収なども提示するので、その辺で出会うよりも安心な気がします。

ただ私は、かなり疲れました!なのでまだまだ恋愛とかはいいかなと思っています。

でも人生何が起きるかわからないですよね。

とりあえず今は、子供との生活を楽しみたいと思っています。