chamu☆LIFE

実家暮らしシングルマザーの日常

小学生の高学年はまだまだ子供?

こんにちは。ちゃむママです。

私の息子は小学生の高学年になりますが、まだまだ甘えん坊です。

個人差があると思いますが、これはあくまで、うちの子の場合です。

今回は、そんな我が家のエピソードを少しお話ししたいと思います。

 

 

息子の性格

家の息子の性格は、ほぼほぼ怒る事がありません。完全なる平和主義なんです

お友達と喧嘩をしても、友達同士の喧嘩を見たとしても、お互いに、いい分はあるからどちらも悪いと言う始末。

私から見て、いやいや完全に〇〇が悪いでしょ!と言うことがあっても、いや。〇〇だってそうした理由があるんだよ。だから仲直りしたかったらお互い謝るんじゃないの?って言っています。

なので、お友達がやめてと言ったらやめるべきだし、自分が嫌だったらやめてと言うんだそうで、やめてくれなかったら理由を聞くし嫌な理由を伝えるんだそうです。

私はこれに結構モヤモヤする事もありましたが、命に関わる事や集団でやる事などは、別らしいので、そうなんだね。と受け入れています。

むしろ私が学ぶべき事もあります。

いたってシンプルな考えですよね。

このような考え方が出来るから、もうしっかりしてるよね!って、そんな事はありません。

忘れてたーとか、ゲームばかりして怒られてたり、部屋を片付けず怒られたりと普通に子供です。

まだまだ甘えん坊で、ママ大好きアピールが凄い息子…マザコンにならないか心配です(笑)

 

 

 

息子が中学年の時に岩盤浴に行った時

 

シングルマザーで子供が男の子だと、子供の成長につれ、お風呂やプールの更衣室が別々になる事が心配だと思います。小さいとトイレも心配になりますよね。

特に人が多いと何に巻き込まれたりしないかなどが怖くて、子供と一緒に行ってくれる大人がいないと不安だったりすると思います。

 

ある時、息子に聞いたら大丈夫!と言うので、中学年の時に岩盤浴に一緒に行きました。とはいえ心配なので物凄く空いてる日に行きました。

もちろん更衣室とお風呂は別々です。

まず最初に館内着に着替えたら自販機の前で待ち合わせする事にしました。

しかし。いくら待っても来ない。。。

もちろん携帯を鳴らしても出ない。。。

何かあったのかな?と焦りつつ、従業員のおばちゃんに話ました。

息子の名前を聞かれて、見てきますね!と。

しばらくして、従業員の方がニコニコしながら戻って来ました。

呼んだら、はーい!何ですか?って言いながらお風呂に入っていたんだそうで。。。

しかもジャグジー風呂。。。

お母さんが探してるよと言ったら、あ!そうだった!って今着替えて行く!って言ってましたよー(笑)と。

あー何もなくて良かった。と思いつつイライラする私。

その後息子がやって来て、ごめん!忘れてたー!ですって。(怒)

お風呂大好きな息子は、入りたくなってしまったとのこと。

息子が私に怒られた事は言うまでもありません。

その後は、しっかり2人で満喫しましたが、私の結論はやっぱりまだまだ心配‼︎当分はお祖父ちゃんと行ってもらおう!でした。

 

習い事のスイミングなどには1人で行き帰って来ますが、やっぱり別ものですよね。

中学生になるまでは、息子1人で行かせるのはやめようと思いました。

 

 

とにかくまだまだ心配

私の息子は小さい時から、誰とでも仲良くなってしまう。いい事なんだろうけど、心配にもなります。

特にお年寄りに直ぐ声をかけられるようで、旅行先などで普通に違和感なく話をしていたりします。

買い物に行って、椅子がある所で待ってるね。と言われ、その後戻ると知らない子とゲームしてたりと。。。

考え方によっては良いことなのかもしれませんが、親である私からするとヒヤヒヤしたりします。世の中のすべての人が良い人だとは限らないし、もう少し警戒心をもってほしいですよね。

息子にも同じようなことを説明したり話はしますが、分かっているから大丈夫だよ!と言うので遠くから見守る事にしてはいますが、まだまだ小学生、心配ですよね。

 

高学年になると

お話した通り、まだ危なっかしくて、まだまだ心配なお年頃な息子ですが、あまりしつこく言ったりすると、うるさいなー。わかったわかった。何て最近は言ってきます。

それも成長なのですが、今度は聞いて聞いて!的なことが無くなってもそれまた困りますよね。

なので、おおまかな事は本人に任せています。

全部口出してしまうと子供だって嫌になりますよね。私だったら話すと面倒くさいから言うのやめよう。って思ってしまいますから。

とはいえ、やはり小学校高学年は、まだまだ子供です。

沢山色んな事を理解していく時期でもありますが、まだまだ成長段階。

息子のお友達を見ていても、まだまだ純粋な子が多いと思います。

小学校高学年になると、もう大きい子供扱いされたりすることもありますが、体の成長は目に見てわかるけれど、中身はまだまだ幼かったりするものです。

 

さいごに

小学生の高学年の息子は、まだまだ子供です。だからと言って、幼児と同じ扱いは出来ませんが(笑)世間ではもう大きいんだしわかるでしょう?と思われていることも、分からなかったりすると思います。

大人だって知らないことがあるんだから、そりゃそうですよね。

まだまだ甘えてきたりしますが、これもいつまで続くのか。

育児をしていく中で、成長と共に嬉しいけど寂しくなることって結構ありますが、今後どのように成長していくのか、楽しみたいと思います。