chamu☆LIFE

実家暮らしシングルマザーの日常

こども六法

 

こんにちは。ちゃむママです。今回は、こども六法と言う本を、息子が買い解りやすかったから、ママも読んでみてと言われて読んだお話です。

 

なんで息子はこの本を買ったのか

そもそも息子は、六法に興味があって買ったわけではないんです。

読書好きな人が身内にいるのですが、子供向けに解りやすく書かれているみたいだし読んでみたら?と勧められたそうです。

私は「六法って?何があるの?」と息子に聞かれた時、『六種類の法律だよ。』までは言えたけど、その六種類が何か言えませんでした…お恥ずかしい話ですが…

そんなこんなで、息子にママも良く解っていないから、本を読んで教えてくれる?と言う感じで、本を買う事になったのです。

 

息子の感想

毎日少しずつ読んでいたのですが、その都度「知らなかった‼︎でもニュースとかでも良く聞くよね!」など言っていて、ニュースを見ながら、「この人は懲役がついているから、その間でちゃんと反省して直せば大丈夫なんだね!」などと言っていました。

最近ではドラマで刑事と検事ってやっているのをみては、本を見て学んだ事を私に説明してくれたりします(笑)←ドラマに集中したいのに…(笑)

そんな事もありますが、息子がそうなの⁉️と食いついていた所は、学校内で見かけたりする事も法律で定められている事だったそうです。

例えば先生の仕事の邪魔をする事が公務執行妨害にあたる事だったり、いじめ対策推進法と言うのがある事も知らなかったそうです。

もちろん私も知りませんでした。

後はたまに海外では、他国の国旗を燃やしていたり侮辱している映像が流れたりしますよね?それも日本では罰せられます。

そういったことを読んだ息子は「自分はやってないけど、そう言う子もいるから大変だ!早く教えてあげないと大変な事になっちゃうよ!」何て言いながら友達にも共有したそうです。

「やっぱり皆んな知らなかったよー。俺はこの本読んで本当に良かった。」と言っていました。

 

私の感想

息子が先に読んでいたので、読む前に多少内容は解っていたつもりでしたが、知らない事は沢山ありました。

こども六法と言う事もあり、子供向けの本だと思っていましたが大人も読む価値は十分あると思います。

息子も言っていましたが、いじめ対策推進法なんて知らなかったし、親である私は知っていた方がいい事だとも思いました。

息子が加害者にも被害者にもならないで、法を犯す事をしない事が1番だけど、今ここで少年法がどう言うものなのか、保護者の責任など様々な事を知る事が出来て良かったです。

もし、いじめに遭ったらどうしたらいいのかなども子供向けに書かれていました。

学校では定期的なアンケート対策などはあるようですが、これについて話はないように思います。

そして、沢山の子供達がこの本を読んだら、どうして大人達はダメとか言うんだろう?って思っていた事も、ちゃんとダメって言う理由があったんだって思うのかな。とも思いました。

法律に対しては、様々な意見があるようですが、私に限っては日本人なのに、どんな法律が定められてるのか知らなかったので、この機会にこの本を通して学ぶ事が出来て良かったなと思っています。

全ての法律が書かれているわけではありませんでしたが、無知だった私や息子にはとっても為になりました。

気になる方は読んでみて下さいね。