chamu☆LIFE

実家暮らしシングルマザーの日常

コロナウイルスで休校

こんにちは。

ちゃむママです。

 

 

私の息子が通っている学校も、3月2日から休校になりました。

始めは、速報で小中高に休校要請とテレビで流れたときはビックリしました。

とはいえ、学校からの連絡を待つしかなかったので、次の日息子が登校し学校からの連絡を待つしかありませんでした。

息子が帰ってくる前に、学校から一斉メールで休校になったと知った私は、さほど慌てたりはしませんでした。

もちろん、家庭の事情で困る方は沢山いらっしゃると思います。

我が家では、皆仕事をしているので息子は一人でお留守番です。

しかも皆フルタイム勤務なので、ガッツリお留守番で、一人で居る時間はかなり長いです。

もちろん心配じゃないわけではありませんが、春休みや、夏休みと変わらないんですよね・・・(遊びには行けないだけで。)

確かに急に休校になってしまうと、確かに心の準備は出来ていないけれど、総理が物凄く批判されていますが、私個人としては夏休みが急にやって来た!!って感じなのです。

夏休みなどの長期休みだって、息子のお昼ご飯は準備して行くし、宿題だってちゃんとやってね。とか、何かあれば連絡は取れるようにしたり、休校になった今とさほどやってる事は変わらないんです。

ニュースで、ご飯が大変で困るとか目にしますが、子供のご飯は作るのは当たり前で、今まで私達親が作るご飯を学校がやってくれていたことに、寧ろ感謝するいい機会なのではないか。なんて思ったりもします。

因みに、息子が通う学校では、低学年・特別支援学級の子は学校で受け入れてくれるそうです。

中学年・高学年でも困っている場合は相談の上受け入れてくれるそうです。

でもこれは3学期が終わる予定だった日まで。もともと春休みを予定していた期間は受け入れてくれません。(そりゃそーだ。)

もう個人的な意見なので、不快に感じる方はいらっしゃると思うのですが、子供が休みになって大変って。。。もう子供を産んでから既に大変なのですよ。

でもそれって親の責任でもあり、義務でもありますよね。

学校が休みで困る!大変!って。何か、それ言っちゃうと子供の気持ち的にどうなんですかね?私が子供だったら悲しくなっちゃうな。

こんな時こそ、今まで当たり前のように子供を預かってくれていた学校。勉強を教えてくれていた先生。子供が必ず教育を受けられるようにしていてくれている国に感謝しないと。

やっぱり子供って一人でなんて育てられないんだと。周りの人の協力があってこそなんだと思います。

 

そもそも何で学校だけが休校に?って。テレビでも子供は重症化しにくいから必要ないわ。みたいに言っていた方もいましたが、だからこそ休校にしたのでは?と私は思っています。

もし、自分の息子が気付かないうちに移っていて、高齢の方などに移してしまったらと思うと・・・もう怖いですよね。重症化しない子供だからこそ知らぬ間に広めてしまう事ってあるんじゃないかと。

学校ではインフルエンザも流行りだすとあっという間に広がります。

そういった事からなのではないかと、私個人としては思います。

 

けれど、卒業間近だった子供たちもいるわけです。

いきなりはい。さようなら。って。それは悲しいですよね。
コロナウイルスが落ち着いた時、改めて卒業式を盛大に出来たらいいのにな。なんて思います。

とはいえ、あるはずだった残り少ない友達との学校生活。戻っては来ません。

けれど総理を悪く言っている大人もいますが、こうなったのはウイルスのせいです。

見えないから怖いもの。命が一番大切。だからこその決断だったと思うしかないと思います。

子供達がいつか大人になって、そんな事もあったよねって笑えるような思い出になってくれたらいいですよね。

 

 

今、国会などで、こうしたからいけなかったんじゃないか。あーすれば良かったんじゃないのか。それをどー思いますか?なんて言っている方見ます。

私個人的な意見ですが、もう過ぎたことを議論してもしょうがなくないですか?

過去よりも今。今よりこれからの事を議論してくれたらいいのに。って思っちゃいます。

過ぎたことをいつまでも叩いてて、こうなってしまっている。じゃあどうしようかって話し合いにならないのが謎。

誰かを攻撃するパワーを是非、これからどうしていったらいいのかと考えるパワーにして欲しいです。

 

 

久しぶりの投稿なのに、個人的な意見をつらつら書いてしまったので、不愉快になる方はいらっしゃると思います。

それぞれ家庭の事情などで思う事、感じることは違うと思います。

けれど、早く収まって欲しいと思っているのは同じなのかな?と思っています。

これ以上広めない為にも、自分が出来ることをしていきたいと思います。